ホンダ、中国市場専用のEVコンセプトカー「X-NV CONCEPT」世界初公開

2019年4月18日 09:30

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

ホンダが開催中の上海モーターショーで公開したEVのコンセプトカー「X-NV CONCEPT」、見てのとおり同社の人気SUVヴェゼルをベースとした中国専用EVだ

ホンダが開催中の上海モーターショーで公開したEVのコンセプトカー「X-NV CONCEPT」、見てのとおり同社の人気SUVヴェゼルをベースとした中国専用EVだ[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダは、中国・上海で開催されている「2019年上海モーターショー」(第18回上海国際自動車工業展覧会 プレスデー:4月16日~17日 一般公開日:4月18日~25日)において、中国市場専用の電気自動車(EV)のコンセプトカー「X-NV CONCEPT(エックスエヌブイ・コンセプト)」を世界初公開した。

【こちらも】ホンダEV幕開けは初代シビック、N360のコンセプトと同質? ジュネーブショーで発表

 ホンダは昨年秋、やはり中国で開催された広州モーターショー2018において、中国専用EVの理念『VE-1』をワールドプレミアした。「理念」は、ホンダと広州汽車の中国合弁、広汽ホンダの自主ブランド。理念 VE-1は、本田技研科技(中国)有限公司と広汽ホンダが共同開発し、中国専用に投入される初の量産EVとなる。

 X-NVコンセプトは「理念」と同じく「ヴェゼル」をベースとしたEVで、本田技研科技と東風本田汽車有限公司(東風ホンダ)との共同開発により、東風ホンダとして中国市場に投入する初の量産EVのコンセプトモデルで、2019年後半に発売を予定しているモデル。

 同時に上海ショーのホンダブースでは、4月末に広汽本田汽車有限公司(広汽ホンダ)より中国で発売予定の「ODYSSEY HYBRID(オデッセイ・ハイブリッド)」を初公開しているほか、中国では第2世代となる「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」を体験できるブースなどを出展している。

 ホンダは、昨年「2025年までに中国市場へ20機種以上の電動化モデルを投入する」という中国における電動化の中期計画を掲げ、広汽ホンダより昨年発表した中国専用電気自動車「理念 VE-1」をはじめとして2020年以降、プラグインハイブリッド搭載モデルの投入を予定している。

 さらに四輪車以外にも、昨年発表した電動二輪車「V-GO(ブイゴー)」や、電動小型モビリティ「Transcooter(トランスクーター)」など、モビリティの電動化を加速させる。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
「NISSAN e-シェアモビ」順調に拡大し、サービス開始1年で500カ所のステーション
ポルシェ・ジャパンとABBが、ポルシェ電気自動車専用の急速充電器開発で業務提携
日産、アフリカ自動車市場拡大を睨み南アフリカのロスリン工場de大規模投資を実施

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業ハイブリッド車電気自動車中国NECプラグインハイブリッドコンセプトカー東風ホンダ上海モーターショーヴェゼル

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
 

広告

ピックアップ 注目ニュース