イオンモール初のオフィス複合型商業施設、2021年に名古屋で開店へ

2019年4月9日 20:30

小

中

大

印刷

ノリタケの森プロジェクトの完成イメージ(イオンモール発表資料より)

ノリタケの森プロジェクトの完成イメージ(イオンモール発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 イオンモールは9日、オフィス複合型商業施設を名古屋市西区則武新町で2021年秋に開店させることを明らかにした。イオンモールがオフィス複合型施設を開発するのは初めてで、2027年のリニア新幹線開業に向け、大型開発計画が相次いでいる地域だけに、都市型モールとビジネス拠点の2つの役割を担う。

【こちらも】愛知のイオンモール東浦、4月に増床リニューアルオープンへ

 この事業は「ノリタケの森プロジェクト(仮称)」。JR名古屋駅北東約1キロに位置し、年間約31万人が来場する「ノリタケの森」に隣接する。敷地面積は約5万7,000平方メートル。

 商業施設は都市生活のオフィスワーカー、ビジネス来訪者らを主なターゲットに、単身者が多い地域の特徴に合わせて近隣向け商業施設の特徴を持たせるとともに、森を眺めながら食事をできるこだわりのレストランなど時間をゆったりと活用できる飲食店を集める計画。併設されるオフィスで働く人の昼食ニーズや健康サポートにも対応する。

 オフィスは大規模なフロアや駐車場を用意し、企業の拠点として活用できるようにする。さらに働く人たちのモチベーションが高まる快適な仕事環境となることを目指し、企業の働き方改革に貢献したい考え。

 現地は徒歩圏内にトヨタ産業技術記念館があり、リニア新幹線開業に向けて注目が集まっている。ほかにも大型開発計画が予定され、企業の拠点集約や人口の増加が見込まれているほか、公園やレストラン、文化施設などで構成されるノリタケの森があることから、緑と文化の香りにも恵まれている。

 イオンモールはイオンなど総合スーパーを核、家電量販店など大型専門店をサブ核としたモール型ショッピングセンターが得意で、全国で郊外型を中心に大型ショッピングセンターを開設、運営してきた。最近は京都市のJR京都駅近くにあるイオンKYOTO、山梨県甲府市中心部のココリなど都心型商業施設も手掛けるようになっている。

 今回、オフィス併設型のショッピングセンターに初めて取り組むことにより、地域の人たちの暮らしだけでなく、働く場所のインフラを担う企業に生まれ変わることを目指している。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワード働き方改革イオン(AEON)イオンモール

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース