ライフ RSS

 

ノバルティスのアレルギー反応そのもの止める花粉症対策薬、今秋にも登場へ

2019年4月1日 21:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 製薬大手のノバルティスファーマが、気管支喘息治療剤や慢性蕁麻疹治療剤として販売されている「オマリズマブ」(商品名「ゾレア」)について、花粉症の適応追加承認申請を行なっている(薬事新報ノバルティスの発表日経新聞)。これにより、2019年秋にも医療現場での使用が可能になると見られている。

 ノバルティスが行なった国内第Ⅲ相臨床試験で、「既存治療でコントロール不十分な重症または最重症スギ花粉症患者」にオマリズマブを標準治療に上乗せ投与したところ、鼻症状の改善や目症状の改善、QOLの有意な改善が認められたという(ノバルティスの発表)。

 従来の花粉症薬はヒスタミンの働きを邪魔したり、神経や血管への働きを抑えたり、アレルギー反応による炎症を和らげることで諸症状の緩和を図るものだが、オマリズマブはアレルギー反応に関与しているIgEに直接結合し、その作用を特異的に阻害することでアレルギー炎症反応を抑制するという。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
花粉の少ない杉、生産が増えるもまだ面積としては極小 2019年03月05日
抗アレルギー薬デザレックス、使用期限内全ロットを自主回収 2019年01月11日
「花粉を水に変えるマスク」に対し疑問の声多数、ニセ科学か? 2018年03月16日
ボトックスを使った花粉症対策をうたうクリニックが増加、メーカーの想定外で副作用のおそれも 2018年02月27日
花粉症対策どうしてる? 2017年03月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード花粉症ノバルティス

広告