地球温暖化を抑えられる可能性はほぼないとの調査結果

2019年3月25日 21:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今後の地球温暖化状況をシミュレーションしたところ、地球温暖化を「安全なレベル」にまで抑えることは非常に難しいという結果が出たそうだ(ナショナルジオグラフィックNature Climate Change誌掲載論文)。

 この研究では「二酸化炭素排出量削減のため使用できる資金は世界の年間GDPの3%未満であること」といった現実的な条件を設定しシミュレーションを行ったという。その結果、2030年までに気温上昇を2℃未満に抑えることは非常に難しく、また気温上昇を1.5℃未満に抑える方法はないということも分かったそうだ。

 別の報告書でも、気温上昇を1.5℃未満に収めるには空気中から直接二酸化炭素を回収するといった「大規模な工学的炭素除去」を行うしかないとの結論が出ているそうだ。しかし、これらの技術は実績がなく、成功するかどうか分からない「ギャンブル」だという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス

 関連ストーリー:
オーストラリア・ブランブル・ケイ島固有種のネズミが絶滅、温暖化による海面上昇が原因か 2019年02月26日
カリフォルニア州最大の電力会社が破産、「気候変動による最初の犠牲者」か 2019年01月24日
今夏の異常気象は温暖化が原因という解析結果 2018年12月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード地球温暖化