民放連、ラジオのFMへの一本化を求める方針

2019年3月25日 21:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 日本民間放送連盟(民放連)がAMラジオ放送を廃止しFM放送に転換できるよう、総務省に制度改正を求めるという(時事通信)。

 AMラジオの放送局の多くは広告収入が低迷しているという。現在はAMラジオで放送している内容をそのままFMでも放送する「補完放送」が行われているが、AMでの放送を廃止しFMでの放送に一本化したい意向があるようだ。

 AM放送とFM放送の違いによると、FM放送は建物内で聞こえやすいというメリットがある一方で電波が回り込みにくく、送信アンテナを山頂や鉄塔に設置する必要があるという。音質はFMの方がよいとして、山影で聞こえないとなると、複数の送信局が必要になりそうだ。

 またAMは約500mの大型アンテナが必要だが、一本のアンテナで広い範囲をカバーできる。そうするとAMの方が安くつきそうだが、実際は、FMの方が設備投資額を抑えられるという

 仮にAM放送が廃止されたとして、その帯域は何かに使えるだろうか。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 通信

 関連ストーリー:
首都圏のAMラジオ局、ワイドFMでの聴取者が過半数超え 2016年12月12日
ニッポン放送などAM3局、AMラジオをFM波で聴ける「FM補完放送」が秋から冬の時期に本放送開始 2015年01月19日
総務省、在京ラジオ3社にFM補完中継局の免許交付へ 2014年09月03日
FMへの以降を検討するAMラジオ局 2013年02月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省ラジオ