「Grooveミュージック」アプリ、OneDriveからの音楽ストリーミングを3月いっぱいで提供終了

2019年3月20日 22:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Microsoftは16日、「Grooveミュージック」アプリによるOneDriveからの音楽ストリーミング機能の提供を3月31日で終了することを発表した(Microsoftのサポート記事NeowinOn MSFT)。

 OneDriveに保存した音楽ファイルが削除されることはないが、3月31日以降Grooveミュージックとの同期は行われなくなり、再生もできなくなるとのこと。そのため、以降はデバイスにファイルをダウンロードして再生、Webブラウザー上でOneDriveから直接再生、他のストリーミングアプリを使用、といった代替案が提示されている。

 Groove Music Passは2017年いっぱいでサービス終了しており、Android版やiOS版のGrooveアプリも提供終了している。Windows 10 Insider PreviewビルドではGrooveミュージックのアンインストールも可能だ。OneDriveからのストリーミングに限らず、実際にどれぐらいの人がGrooveミュージックを使用しているのだろうか。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | インターネット | Windows | IT | 音楽

 関連ストーリー:
Windows 10 Insider Preview、アンインストール可能な標準アプリが大幅に増加 2018年10月21日
Microsoft、Groove Music Passのサービス終了とSpotifyとの提携を発表 2017年10月07日
「Xbox Music」、「Groove」に改称へ 2015年07月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10音楽ストリーミング

広告