Microsoft、Windows 10を実行するデバイスは8億台以上に

2019年3月13日 00:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Microsoftは7日、Windows 10を実行するデバイスの数が8億台に到達したことを明らかにした(ユスフ・メディ氏のツイートMicrosoft by the NumbersNeowinArs Technica)。

 Windows 10を実行するデバイスの台数は昨年6月のInsider Dev Tourで7億台を超えたと発表されたが、その後「7億台近く」と訂正され、9月末のIgnite 2018で7億台を超えたことが改めて発表されていた。ちなみに、5億台到達が発表されたのは2017年5月中旬のBuild 2017、6億台到達が発表されたのは2017年11月末の年次株主総会だ。

 MicrosoftはWindows 10のリリース当初、2~3年で10億台に到達させる目標を掲げていたが、2016年にはもう少し時間がかかるとの見通しをユスフ・メディ氏が示していた。目標まであと2億台となったが、達成にはどれぐらいかかるだろうか。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Windows | IT

 関連ストーリー:
2月のWindowsバージョン別シェア、ロシアでWindows 10が初の1位に 2019年03月06日
2018年のスマートフォン販売台数は15億5,527万台、1%台の成長にとどまる 2019年02月26日
Windowsバージョン別シェアでWindows 10が50%を超える 2018年10月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース