小惑星の衝突阻止、想定以上に難しく 破壊には多くの困難が

2019年3月12日 13:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 ジョンズ・ホプキンス大学の研究者らが、小惑星衝突をより正確にシミュレートするためのコンピュータモデルを開発したそうだ。これを使って実際に小惑星を破壊するために必要なエネルギーも算出されている(UPIリリースSlashdot)。

 その結果、小惑星を完全に粉砕するためには従来考えられていたよりも多くのエネルギーを必要とすることが分かったという。さらに、外部からの攻撃で破壊しても、破壊時に発生した小さな破片は重力によってお互いを引っ張りあい、その結果一定の塊に戻ってしまうという。画像では弱い破片の集まりが重力によってまとまっていく様子が示されている。

 地球に落下しようとする小惑星を人類の手で破壊するのは想像以上に難しいようだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 宇宙

 関連ストーリー:
StatCounterへのサイバー攻撃でビットコインを盗むコードが暗号通貨取引サイトに埋め込まれる 2018年11月10日
米司法省、中国情報機関高官らを起訴。航空機エンジン情報狙ったサイバー攻撃などで 2018年11月06日
小惑星の軌道を10年で変えるには約50回ほど「ハンマー」をぶつける必要がある 2018年03月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード惑星

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース