フェンディのメンズ小物、ジョーカーに扮したカール・ラガーフェルドが登場

2019年1月27日 22:22

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 フェンディ(FENDI)は、ローマを拠点とするアーティスト、ニコ・ヴァシェラーリとのコラボレーションアイテムを発売する。

 二面性をキーワードにしたフェンディの2019年春夏メンズコレクション。なかでも、目を惹いたユーモアたっぷりのイラストは、ローマを拠点に活動する若手アーティスト、ニコ・ヴァシェラーリによるものだ。

 遊び心たっぷりのトランプのイラストには、ジョーカーに扮したカール・ラガーフェルド“JOKARL”の姿が。“F”のステッキをもち、赤と白のまるでピエロのような服に身を包んで登場している。また、「FENDI」を「FIEND(=悪魔)」に、「ROMA」を「AMOR(=愛)」にアレンジした“二面性”を表すアナグラムも、象徴的にあしらわれた。

 これらユニークなイラストやアナグラムを採用したアイテムは、バックパック、クラッチバッグなどのバッグ類のほか、キーチャーム、ブローチ、カフスといったアクセサリー類も展開される。なお、カラーは今季のキーとなっていたレッドとブラックをメインに用いたバリエーションだ。

【詳細】
フェンディ ニコ・ヴァシェラーリ コラボレーションアイテム
発売時期:2019年2月 ※予定

■価格例

・ブローチ 29,000円+税
・キーチャーム(FENDI×FIEND) 43,000円+税
・カードケース(FENDI×FIEND) 33,000円+税
・クラッチバッグ(カール・ラガーフェルド) 990,000円+税
・バックパック 210,000円+税
・スカーフ 47,000円+税

【問い合わせ先】
フェンディ ジャパン
TEL:03-3514-6187

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションフェンディ(FENDI)

広告

写真で見るニュース

  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース