国際 RSS

 

ニューアーク空港で遅延発生のドローン目撃 実際にはドローンではなかったか

2019年1月27日 22:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ニューアーク・リバティー国際空港で22日、上空からのドローン目撃情報による遅延が発生したそうだ(ABC Newsの記事The Vergeの記事SlashGearの記事CNNの記事)。

目撃情報は2件。いずれもニューアークへ向かう旅客機からの報告で、24kmほど離れたところにある同じニュージャージー州内のテターボロ空港上空約3,500フィートで目撃されたという。機長の1人は最終着陸態勢中にドローンのようなものが右翼の30フィート以内まで接近したと述べているそうだ。これを受けて連邦航空局ではニューアークへの到着便の受け入れを一時停止した。その後さらなる目撃情報がなかったため短時間で再開されたものの、ニューアークへ向かう一部の便は出発地で一時待機することになったとのこと。

しかし、FAAでは目撃された物体がドローンかどうか確認できていないという。また、DJIのBrendan Schulman氏は風船か何かをドローンと見間違えたのではないかとの見方を示しているそうだ。ドローンは高度3,500フィートで目撃されたが、FAAでは高度400フィートを超えるドローンの飛行を許可していない。個別に許可を得れば高度400フィート以上での飛行も可能とはいえ、その可能性は非常に低いとSchulman氏は語る。ロンドン・ガトウィック空港やヒースロー空港でのドローン侵入騒ぎ以降、人々は空を飛ぶ物体をドローンと判断してしまいがちになっているとのことだ(Chicago Tribuneの記事)。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | アメリカ合衆国 | 交通

 関連ストーリー:
ロンドン・ガトウィック空港とヒースロー空港、ドローン対策システムを導入 2019年01月11日
英警察、ロンドン・ガトウィック空港へのドローン無許可侵入容疑で2名を逮捕 2018年12月23日
ロンドン・ヒースロー空港で旅客機に衝突した「ドローンのようなもの」はビニール袋だった? 2016年04月23日
イギリス・ヒースロー空港でドローンが乗客を乗せた旅客機とニアミスを起こす 2014年12月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドローン

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース