CAC Holdings 2年連続「スポーツエールカンパニー」に認定される。ボッチャの社内サークル活動を評価

2019年1月15日 16:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:17JST CAC Holdings---2年連続「スポーツエールカンパニー」に認定される。ボッチャの社内サークル活動を評価
CAC Holdings<4725>は10日、昨年に続き2年連続でスポーツ庁より「スポーツエールカンパニー」に認定されたことを発表。

スポーツエールカンパニー認定は、スポーツ庁が社員の健康増進のためにスポーツ活動に対する支援や促進に向けた取り組みをする企業を認定するもの。2018年度は347社が認定を受けた。

同社グループでは、2016年より社会貢献として取り組んでいる障害者スポーツ「ボッチャ」の普及・支援を推進、その一環で社内にボッチャサークルを立ち上げている。このボッチャサークルにおける定期練習会や有志によるボッチャ大会参加等が評価され認定に至った。

サークル活動を通じ、社員の健康増進や同社グループ間のコミュニケーションの場として心身の健康維持・増進にも寄与していくとしている。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース