米NSA、WikiLeaksが明らかにしたリバースエンジニアリングツールを公開へ

2019年1月13日 21:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米国家安全保障局(NSA)のシニアアドバイザー、ロバート・ジョイス氏が3月のRSA Conference 2019で、リバースエンジニアリングツール「GHIDRA」のデモを行い、同時に一般提供も行うそうだ(RSA Conferenceのセッション情報BetaNewsの記事HackReadの記事)。

GHIDRAはWikiLeaksのVault 7プロジェクト第一弾として2017年3月に存在が明らかにされた米中央情報局(CIA)のハッキングツールの1本で、NSAが開発したものだ。WindowsやMac OS、Linuxを含むさまざまなOSに対応し、各種プロセッサーの命令セットをサポートするという。GHIDRAプラットフォームには、商用のハイエンドツールに期待されるすべての機能が含まれるとのこと。Vault 7で公開された情報によれば、実行にはJavaが必須となるようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | ソフトウェア | デベロッパー | アメリカ合衆国 | 政府

 関連ストーリー:
WikiLeaksがソースコードを公開したCIAのハッキングツール、カスペルスキーの偽証明書を生成するサンプルも 2017年11月12日
WikiLeaksのWebサイト、DNSポイズニングでOurMineのメッセージが表示される 2017年09月03日
米政府機関をターゲットにしたCIAのハッキングツール「ExpressLane」 2017年08月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindowsハッキングCIA

広告