Y's、2019年春夏コレクション発表 一瞬のきらめきを逃すな

2019年1月6日 11:30

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 Y's(ワイズ)は、2019年春夏コレクションを発表した。

■一瞬のきらめきをとらえる

 テーマは「MOMENT」。一瞬の、ほんのわずかな時間の尊さと、凝縮された動きに焦点を当てる。例えば、歩を進めたその瞬間。人の身体とともに、服も躍動している。連続した時を切り取った、きらめくようなその時限りの美しさは、軽く儚いものだ。

■空気を孕むオーバーサイズのアウター

 一瞬の躍動を顕著に表しているのが、オーバーサイズのアウター。撥水加工を施したピンクのキュプラコートや、ミリタリーテイストのポリエステルのアウターは、身体を丸ごと覆うようなダイナミックなフォルムが目を引く。見た目のボリュームとは裏腹に薄く軽やかに仕立てられたアウターは、風を受け空気を含むことで優雅さを増していく。

■抜染やダメージ加工が表す“時”

 抜染し、洗って絞りをかけたベロアのセットアップは、ランダムにペンキをこぼしたような模様に。その仕上がりは時間の経過を感じさせるが、ジャケットの裾をインすることで、若々しさや無邪気さを演出。また、大きさの異なるギンガムチェックを組み合わせ、ダメージ加工を施したドレスは、生活に馴染み、着古された痕跡を思わせる。

■無垢なポピーの花

 愛らしくイノセントな象徴として用いられたのはポピーの花。すぐに過ぎ去ってしまう、思惑のない若さを忘れずにいるかのように、ブラウスの背中に赤いポピーが刺繍されている。また、ブラックの吊りスカートやコートには、陰影のようなプリントで表現。刹那的な美しさを象徴しているかのようだ。

■“黒”を生かすカットワーク

 “黒”にみなぎるような躍動感を与えるのは、精緻なカットワーク。直線的でアシンメトリーなロングベストや、落ち着いた雰囲気のオーバーサイズジャケット、裾を絞り、エレガントなギャザーを寄せたパンツや、流れるようなロングドレス。そして、生地の分量を多くとったサルエルパンツやワイドパンツなど、服に浮かぶドレープは常に偶然的で、動くごとに形を変えていく。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードY's(ワイズ)2019年春夏コレクション