バーバリー、19春夏ウィメンズコレクション発表

2019年1月3日 21:12

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 バーバリー(BURBERRY)の2019年春夏ウィメンズコレクションが発表された。新チーフ・クリエイティブ・オフィサーとしてリカルド・ティッシを迎えた今シーズン。テーマは「キングダム」だ。

■英国の多面性と折衷主義に注目

 リカルド・ティッシが着目したのは、イギリスが持つ“多面性”と“折衷主義”。パンクに代表される反骨的なファッションから、フォーマルで洗練されたスタイルまでを内包する“多面性”と、多様なカルチャーを取り入れる“折衷主義”を礼賛し、デビューコレクションを完成させた。

■「洗練」ブランドアイコンをモダンに再解釈

 コレクションは「洗練」、「リラックス」、「イブニング」の3パートに分けられ、イギリス・ロンドンにてランウェイ形式で発表された。「洗練」のパートでは、バーバリーのアイコニックなトレンチコートにウエストマークを施したスタイルや、スリムなペンシルスカート、首元にリボンを結んだボウタイブラウスなど、気品ある女性らしさを強調したルックを展開。

■「イブニング」英国におけるフォーマルの象徴

 「イブニング」のパートでは、英国文化に根ざしたフォーマルな装いの象徴として、ブラックのイブニングドレスが登場。胸元のラッフルに繊細な輝きを放つ装飾をあしらったものから、ウエストと袖にゴールドのフリンジを配したものまで、バリエーション豊富に提案された。

■「リラックス」英国の反骨精神を表現

 「リラックス」のパートでは、"旅"と"自由"の概念に着想を得て、英国の反骨精神を表現。スタッズなどハードな装飾をあしらったトレンチコートや、アニマル柄のミニスカート、マスキュリンなビックシルエットのシャツ、ワークジャケットなどが展開された。

■トレンチコートはエレガント&アヴァンギャルドに進化

 バーバリーのアイコンであるトレンチコートは、前述の通り「洗練」と「リラックス」のカテゴリーに登場。「洗練」ではベージュトレンチのウエストを強調したスリムなシルエットのものや、サイドや裾にスカーフ風の生地をあしらったものなど、ブランドが持つテーラリングの要素とクラシカルな魅力はそのままに、エレガントさをプラスしたピースを生み出した。

 「リラックス」では、スタッズやパーリーな装飾を散りばめたり、襟や裾、エポレットなどにチェーンの縁取りを施したりと、デコラティブなトレンチコートを展開。シルエットもゆったりとしたオーバーサイズやマント風デザインが散見され、ブランドのヘリテージにアヴァンギャルドで遊び心溢れる解釈が加えられていた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードバーバリー(BURBERRY)2019年春夏コレクション

広告

財経アクセスランキング