Qualcommの弁護士、Appleが中国で差止命令に従わなければ現地法人代表の拘束も

2019年1月2日 22:33

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Qualcommは12月10日、福州市中級人民法院がiPhoneの旧モデル7機種(iPhone 6s/6s Plus/7/7 Plus/8/8 Plus/X)を対象とした輸入・販売の事前差止をAppleの中国法人に命じたと発表している。しかし、AppleはiOS 12ではQualcommの特許を侵害しないなどと主張して控訴する一方、事前差止命令には従わずに販売を継続している。これを受けてQualcommの中国の弁護士が複数の中国メディアに対し、Appleが中国での事前差止命令に従わない場合、Appleの中国法人4社の代表に対する罰金・拘束等を求めることができると語ったそうだ(9to5MacGlobal Times新華網騰訊科技)。

 先日リリースされたiOS 12.1.2では中国版のリリースノートにのみ記載されている変更点があり、Qualcommの特許に抵触しないよう変更したとみられている。しかし、Qualcommの弁護士によれば、アップデートリリース後に事前差止対象モデルを購入して確認したところ、アップデートは適用されていなかったとのこと。

 Qualcommの弁護士は上級審の判断が出るまでAppleは事前差止命令に従う必要があると述べ、従わない場合はQualcommがAppleの中国法人4社の代表に対する罰金・拘束のほか、出国禁止・信用スコアへの反映を求めることができると説明。そのための手続きも進めているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 法廷 | パテント | スラッシュバック | アップル | iPhone | 中国

 関連ストーリー:
Qualcomm、ドイツでもiPhone旧モデルの輸入・販売差止命令を勝ち取る 2018年12月26日
Qualcommが中国で勝ち取ったiPhone旧モデル輸入・販売の事前差止命令、その効果は? 2018年12月16日
Qualcomm、中国でのiPhone製造・販売差止を求めてAppleを提訴 2017年10月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国iOSAppleiPhone 6iPhone 6sQualcommiPhoneMac弁護士iOS 12

広告