Microsoft、オープンソースソフトウェアの特許紛争対策組織OINに加入

2018年10月13日 21:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米Microsoftがオープンソースソフトウェアを特許のリスクから保護することを目的としたコンソーシアムOpen Invention Network(OIN)に加入したことを発表した(GIGAZINEOSDN Magazine)。

 OINは元々はLinuxやLinux関連アプリケーションに対する脅迫的な特許紛争を防ぐために設立された組織で、IBMやNovell、Red Hat、SONYによって立ち上げられた。その後NECやOracleなども参加し、Linuxに関連する特許をプールしている。

 OINが設立された理由の1つとしてMicrosoftとの特許紛争に対する危惧があったが、MicrosoftのOIN加入はMicrosoftとオープンソースとの争いの終わりを象徴する出来事だろう。

 スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | マイクロソフト | パテント

 関連ストーリー:
Microsoft、特許ゴロによる訴訟に対抗するプログラムをAzure顧客に提供へ 2017年02月13日
Xiaomi、Microsoftからおよそ1,500件の特許を取得することで合意 2016年06月05日
Apple、特許を巡る訴訟で米企業に敗訴。6億2560万ドルの損害賠償を命じられる 2016年02月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNECMicrosoftIBMLinuxOracle特許オープンソース

広告

財経アクセスランキング