スズキハスラー、特別仕様車「タフワイルド」登場

2018年7月17日 17:17

小

中

大

印刷

ハスラー・タフワイルド(オフブルーメタリック ブラック2トーン)(画像: スズキ)

ハスラー・タフワイルド(オフブルーメタリック ブラック2トーン)(画像: スズキ)[写真拡大]

写真の拡大

  • (画像: スズキ)
  • インテリア(画像: スズキ)
  • インテリア(画像: スズキ)
  • (画像: スズキ)
  • (画像: スズキ)

 スズキは、軽乗用車「ハスラー」にブラック2トーンの車体色を採用した特別仕様車「TOUGH WILD(タフワイルド)」を設定し、7月17日より発売した。

【こちらも】スズキ、軽自動車SUVの人気モデル「ハスラー」に特別仕様車追加

■人気者も3年目には苦戦

 2014年に発売されたハスラーは、軽トールワゴンとSUVの要素を融合させた「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発された。発売直後から大人気となり、ベースとなったワゴンRをも凌ぐ販売台数を記録し、今日のクロスオーバーSUVブームの火付け役にもなった。

 しかし、最近ではライバルの新機種や、ベース車のワゴンRのモデルチェンジ、そしてホンダ・N-BOXの快進撃によりにより、陰に隠れた印象があった。そこで、今回の特別仕様車 は、SUVスタイルをより強調し、「カワイイ」イメージが強かったエクステリアが名前の通りタフでワイルドなイメージになり、人気回復を狙う。

■リヤクォーターパネルをブラック塗装する荒業

 特別仕様の内容は、Aピラーからルーフ、リヤクォーターパネルをブラック塗装し、ボディー色との塗り分けを鮮明にした全車ブラック2トーンを採用し、オフブルーメタリックをはじめ全5色を設定している。そして、内装には、専用色オフブルーのインパネやレザー調とファブリック表皮を組み合わせた専用シートを採用した。

 さらに、「スズキ セーフティ サポート」を採用するとともに、全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプション設定した。また、ディスチャージヘッドランプやLEDフロントフォグランプを搭載したほか、LEDサイドターンランプ付ドアミラーや「ナノイー」搭載フルオートエアコンを採用するなど、装備を充実させている。

 メーカー希望小売価格(消費税込み)は、2WDが148万7,160円、4WDが161万3,520円となっている。ベース車の「G」に対して84,240円のアップでこの装備ならお買い得と言えるが、「タフワイルド」と名乗る割にはターボ仕様の設定がないのは残念。

■ジムニー人気に乗っかる作戦

 スズキといえば、新型ジムニーが大きな話題となり、来店客も多くなっている。実際にはほとんどの人がジムニーの購入までにはいたらないのだが、そこにこのワイルドなイメージで、買い得感ある装備が満載の特別仕様車があることで、より現実的な選択肢として目に入るはずだ。(田中秀雄)

関連キーワード特別仕様車SUV軽乗用車スズキハスラー

「自動車・バイク新製品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース