西野ジャパン、2点差を逆転されベスト8ならず W杯サッカーロシア大会

2018年7月3日 06:00

小

中

大

印刷

 2日(現地時間)、ロシア・ロストフナドヌーで行われたW杯サッカーロシア大会決勝トーナメント1回戦で日本がベルギーと対戦、2-3で敗れた。日本は後半に2点を先行するも追いつかれ、最後はアディショナルタイムに決勝点を決められて惜敗し、史上初のベスト8進出には惜しくも及ばなかった。

 前半から日本はアグレッシブに試合を進め、ベルギーの攻撃もゴール前で粘りの守備に徹する。後半3分、柴崎岳の絶妙のスルーパスに原口元気が抜け出しシュートするとゴール右サイドネットに突き刺さり先制する。後半7分、香川真司からのパスを受けた乾貴士が無回転のミドルシュートをゴール左サイドネットに決め追加点を奪う。

 後半19分、ベルギーはフェライニとシャドリを投入して局面の打開を図る。後半24分、ベルギーはゴール横へのルーズボールをフェルトンゲンがヘッドで折り返したボールがGKの頭上を越えそのままゴールインし1点を返す。後半29分、息を吹き返したベルギーはCKから繋いだボールをアザールがクロスを送るとフェライニがヘッドで合わせて同点に追い付く。

 後半36分、日本は柴崎に代えて山口蛍、原口に代えて本田圭佑を投入する。後半40分過ぎからGK川島永嗣が立て続けにスーパーセーブを見せるなどピンチをしのぐ。アディショナルタイム4分、ベルギーは日本のキックをGKがキャッチすると一気にカウンターを仕掛ける。最後は横パスをルカクがスルーすると、そこに走り込んだシャドリが逆転弾を押し込んだところで試合は終了した。

関連キーワードロシアサッカーワールドカップ(W杯)原口元気ベルギー本田圭佑香川真司乾貴士柴崎岳