NY原油:弱含みで65.54ドル、OPECプラス委員会は日量100万バレルの供給増を支持

2018年6月22日 07:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:34JST NY原油:弱含みで65.54ドル、OPECプラス委員会は日量100万バレルの供給増を支持
NY原油先物8月限は弱含み(NYMEX原油8月限終値:65.54 ↓0.17)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比−0.17ドルの65.54ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時64.34ドルまで売られた。「OPECプラス」委員会は日量100万バレルの供給増(増産)を支持しているとの報道が材料視された。市場関係者によると、イラクは日量100万バレルの段階的な供給増加に合意したもよう。ただし、日量100万バレルの供給増加は全会一致の判断ではないようだ。《CS》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース