モトヒロ タンジの2018-19年秋冬 アナログとデジタルが共存する服

2018年5月16日 23:28

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

■ジェネレイティヴ ニット

 モトヒロ タンジ(Motohiro Tanji)の2018-19年秋冬シーズン。テーマは「ジェネレイティヴ ニット」。3Dの技術とコンピューター的な考え方を基に制作したニットアイテムを軸に、コレクションを展開する。

■立体で生きるニット

 コレクション内のアイテムに使用されたのは、通常1レイヤーの状態で編まれるニットを層状に重ねて立体的にした編地。ニットでよく使われるアラン柄やリブを立体化することで、リズム感のある新たな表現が創り出された。

 モンドリアンパターンのこちらのニットはそれぞれのブロックを違った編み方で生成し、立体化。鮮やかなモンドリアンカラーは立体になることで一層存在感を増し、より多彩な表情をアイテムに落とし込む。

■アナログ×デジタル

 また、「ジェネレイティヴ ニット」というテーマにおいて、ブランドが考えたのは”アナログとデジタルをどのように融合させていくのか”ということ。

 コンピューター上で作った形状を、ニットのような柔らかい素材でどのように再現するか。そんな「デジタル×アナログ」という制作と素材の関係について試行錯誤した結果を緻密なデザインで表現。ボディと一体化したニットの立体的な装飾は、これまでになかったデジタルとアナログのコンビネーションによる新たな可能性が窺える一着だ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードモトヒロ タンジ2018年秋冬コレクション

「ファッション」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース