Ciscoのネットワーク機器にサイバー攻撃、「選挙を邪魔するな」とメッセージ

2018年4月12日 17:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Ciscoのネットワーク機器を狙った大規模なサイバー攻撃が発生したそうだ。この攻撃はロシアやイランなどをターゲットとしたものとされており、被害を受けた機器には米国旗の画像や「我々の選挙に干渉するな」といったメッセージが残されていたという(MOTHERBOARDEngadget JapaneseSlashdot)。

 MOTHERBOARDでは攻撃を行なったグループへ取材を行なった記事が掲載されているが、これによると米国や他の国で頻発している、政府の支援を受けたハッカーによるサイバー攻撃に対し不満を持ちこういった攻撃に及んだという。また、ハッカーらは「単にメッセージを送りたかっただけだ」とも述べているという。

 この攻撃は「Cisco Smart Install Client」というソフトウェアの脆弱性を狙って行われたもので、被害にあった機器は修正パッチが適用されていない状況だったという。ハッカーグループは「Shodan」や「Talos」といった検索ツールを使って脆弱性のある機器を検索、攻撃を行なったとしている。被害を受けたマシンは約20万台とのこと。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット

 関連ストーリー:
平昌オリンピック開会式を狙ったサイバー攻撃は北朝鮮を装ったロシアによるものだったという説 2018年03月01日
Cisco ASAシリーズに深刻な脆弱性、UDPパケットを送りつけるだけで任意コード実行の可能性 2016年02月16日
2015年に脆弱性の報告件数が多かった製品は? 2016年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性ロシアサイバー攻撃

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース