カナダ政府導入のIBMの給与システム、不具合多く損害額は7億ドル以上に

2018年3月6日 16:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 カナダ政府がIBMに発注した給与システム「Phoenix」が正常に動作せず、7億ドル以上の損害が発生しているという(registerGIGAZINE)。

 このシステムは約570万カナダドルで発注されたもので、2016年に稼働。 OracleのPeopleSoftプラットフォームを採用し、カナダ政府の46の機関で給与支払い処理に使用する予定だったという。しかし、稼働後に1000以上の不具合が報告され、システムが正常に動かないという問題が発生。数千人もの職員に影響が出て、給与が支払われなかったり、本来の金額とは異なる金額が支払われるといったトラブルも起きているという。

 カナダ政府はこの問題を解決するために多くの人員を投入しており、これまでにトータルでかかったサポートコストは約9億カナダドルで、それ以外のコストも合わせる損害額は10億カナダドル(約7.7億ドル)以上になるという。

 スラドのコメントを読む | IBM

 関連ストーリー:
文化シヤッター、システム開発断念による損害賠償を求めて日本IBMを提訴 2018年02月14日
旭川医大とNTT東のシステム開発失敗を巡る裁判、仕様変更を繰り返した医大の全面敗訴に 2017年09月29日
野村ホールディングスが日本IBMを訴えていた訴訟の内情が報じられる 2014年10月24日
スルガ銀行とIBMのシステム開発を巡る裁判、IBMに74億円超の賠償命令 2012年03月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIBMOracleカナダ

広告