2018年1月の国内登録車販売首位は日産「ノート」

2018年2月9日 16:49

小

中

大

印刷

左から日産自動車のノート、セレナ、デイズ。(画像:日産自動車発表資料より)

左から日産自動車のノート、セレナ、デイズ。(画像:日産自動車発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 日産自動車は、1月の国内登録車販売で同社の「NOTE(ノート)」が1位を獲得したことはを発表した。軽自動車を含えた総合ランキングにおいて、セレナ、デイズを含めた日産の3車種がトップ10にランクインしている。

【こちらも】日産「ノート」が仕様向上、安全支援技術を強化 新グレードも

 もう少し具体的に見てみよう。2018年1月の全登録車販売ランキング(軽自動車を除く)では、ノートは販売台数1万2,444台で、全体で第1位を獲得。

 また、セレナは7,823台で登録車販売ランキングで4位、ミニバンセグメントで1位となっている。

 同時に、軽自動車を含む総合ランキングでは、「デイズ」シリーズが1万4,843台で2位。ノートが3位。セレナが10位となっている。全体的にいえば、日産の国内販売が好調の勢いを取り戻したといえる流れだ。

 各車種の紹介をしていこう。日産の「ノート」は、ハッチバック型乗用車と呼ばれるタイプのモデルである。ちなみに欧州の基準だと小型ミニバンもしくはミニMPVと呼ばれる。現在のモデルは2012年に登場した2代目。e-POWERと呼ばれるシリーズ方式ハイブリッドシステムを搭載したモデルも2016年以来発売されており、6年前のモデルでありながら、再評価の動きが活発になっている。

 セレナはミニバンである。初代は1991年に登場しており、現行モデルは2016年の5代目。なお、セレナのe-POWER搭載モデルの登場も予定はされているが、2018年春とのみ告知されており、現在は続報待ちの形になっている。

 デイズは軽トールワゴンである。2013年に登場し、フルモデルチェンジは行っていないので現行が初代である。もともとは三菱自動車との共同開発によって世に送り出された。ちなみにスペルはDAYS(毎日)ではなくDAYZであるが、これは「毎日を昨日までと違う楽しい日々に変えていく」というコンセプトを、SをZに反転させることで表現している。(藤沢文太)

関連キーワード三菱自動車ハイブリッド車日産自動車セレナミニバン軽自動車ノート

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース