米トランプ大統領、有人月探査を指示する文書に署名

2017年12月18日 10:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AC0x01 曰く、 米トランプ大統領は12日、有人月探査ならびに将来の火星探査に向けた月探査拠点の設置を指示する文書に署名した(NASAロイターNHKsorae.jp)。

 再び月を目指すというトランプ政権の方針は以前から度々報じられており(過去記事)、既報通りの展開ではあるものの、大きな一歩には違いないだろう。

 また同日に日本の宇宙開発戦略本部も、米国が2020年代に建設を構想する月基地や、国際協力での月面着陸に日本も参加を検討するとした宇宙基本計画工程表を正式決定している(産経新聞)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | NASA

 関連ストーリー:
ボーイングCEO「火星一番乗りはSpaceXではなくボーイングだ」と語る 2017年12月10日
米副大統領曰く「アメリカは再び有人月探査を目指す」 2017年10月09日
JAXA、独自の有人宇宙船の開発は行わず国際協力により日本人宇宙飛行士を月に送ることを目指す方針を示す 2017年06月30日
中国と欧州宇宙機関(ESA)、共同での有人月面基地建設を目指し協議 2017年05月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカNASA火星

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース