中国・武漢市、顔認証の追加など交通警察AIサービスを強化

2017年11月15日 08:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 中国・武漢市の公安局交通管理局は7日、インターネットで交通関連の手続きを可能にする武漢交通警察AIプラットフォームのアップグレードを発表した(プレスリリース新華網の英語版記事中国語版記事The Next Web)。

 AIプラットフォームはテンセントと提携して開発されたもので、運転免許や車両登録、交通違反などの手続きからお役所仕事を減らして簡素化・迅速化し、市民の利便性を高めるものだという。旧システムでも70種類以上の手続きが可能になっていたが、新システムでは130種類に増加。顔認証機能が追加されており、事前にIDカードを登録しておくことで瞬時に認証が行われ、PCやスマートフォンで簡単に手続きを行うことが可能になるとのこと。サービスは24時間利用でき、運転免許の期限などを通知するサービスも提供される。アプリにはフィードバック機能も搭載されており、市民の要望に応えた機能改善を行う計画とのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 人工知能 | インターネット | IT | 交通 | 中国

 関連ストーリー:
顔認証での決済サービス、中国で試験導入 2017年09月08日
中国の新興企業が人工知能を使って肺がんを正確かつ迅速に発見する技術を開発 2017年05月12日
中国、市民の社会的活動と経済的活動をスコア化して格付けするシステムを構築中 2016年12月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国人工知能(AI)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース