ランボルギーニ、ボディをカーボンナノチューブでバッテリー化のコンセプトカー

2017年11月14日 11:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 イタリアの自動車メーカーランボルギーニが、電気自動車のコンセプトモデルを発表した。カーボン製のボディを電力を蓄えるスーパーキャパシタとして使用するというコンセプトが特徴だ(GIGAZINEBloombergResponse)。

 また、4つの各ホイール内にモーターを搭載するほか、車体には「回復作用を持つ化学物質」を使用し小さな亀裂を自動的に修復できるという。

 開発にはマサチューセッツ工科大学(MIT)が協力しているものの、あくまでコンセプトであり実現時期は未定のようだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
ナノ技術を使った新たなスーパーキャパシタ 2016年11月30日
ランボルギーニと名古屋工業大が次世代素材研究で提携 2013年11月18日
カウンタック、電気自動車化。お値段は2870万円 2012年08月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車コンセプトカーランボルギーニ

関連記事

広告

財経アクセスランキング