フォルクスワーゲンのフラグシップモデル「アルテオン」日本上陸

2017年10月19日 05:59

小

中

大

印刷

アルテオンの外観。(画像:フォルクスワーゲン グループ ジャパン発表資料より)

アルテオンの外観。(画像:フォルクスワーゲン グループ ジャパン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • アルテオンの内装。(画像:フォルクスワーゲン グループ ジャパン発表資料より)
  • アルテオン。
  • インテリア。
  • インテリア。

 「Arteon(アルテオン)」の日本での発売日が10月25日と発表された。本国ドイツで先行発売されていた、フォルクスワーゲンのフラグシップモデルと位置付けられる新型車が、満を持して日本に上陸することになる。

【こちらも】VWジャパン、新たなフラッグシップモデル「Arteon」を発売

 販売は、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーが行う。「R-Line 4MOTION」と「R-Line 4MOTION Advance」の2グレードが用意されており、前者は549万円、後者は599万円。

 ボディカラーは、有償オプションがターメリックイエローメタリックとオリックスホワイト マザーオブパールエフェクトの2種。通常選択可能なものが、新色となるチリレッドメタリック、ディープブラックパールエフェクト、パイライトシルバーメタリック、アトランティックブルーメタリックとあり、計6色となる。

 アルテオンはグランドツーリングカーと位置付けられており、セダンの快適性、ステーションワゴンの機能性、クーペの洗練性を兼ね備えるという。

 ボディサイズは同じフォルクスワーゲンのPassat(パサート)より一回り大きくなっており、室内空間が広く取られている。エンジンは4輪駆動であり、トランスミッションは湿式7速DSGを搭載している。

 また、フォルクスワーゲン独自のセーフティ機構が種々採用されている。日本販売モデルでは初採用の「デイタイムランニングライト」、後方からの衝突に備える「プロアクティブ・オキュパント・プロテクション」、それに「デジタルメータークラスター アクティブインフォディスプレイ」、「トラフィックアシスト」などだ。

 室内空間はブラックを基調としたR-Lineデザインを採用、上質さとともに高い快適性を実現し、特にその積載能力はステーションワゴンに匹敵する水準となっている。

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、アルテオンはまさに同社の最先端技術を結集した「テクノロジーショーケース」であるとコメントしている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードドイツフォルクスワーゲン(VW)パサートアルテオン

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)
  • 「Audi City紀尾井町」の店内の様子。(画像: アウディ ジャパンの発表資料より)
  • 愛犬専用トイレ(画像: 関西エアポートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース