トヨタ、東京モーターショーに新型「クラウン」のコンセプトモデル出展

2017年10月5日 08:49

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

来夏発売予定の新型トヨタ・クラウンのコンセプトモデルが「第45回東京モーターショー2017」に出展となる

来夏発売予定の新型トヨタ・クラウンのコンセプトモデルが「第45回東京モーターショー2017」に出展となる[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタは、10月25日(一般公開:10月27日から11月5日まで)、東京都江東区の東京ビッグサイトで、「世界を、ここから動かそう。 BEYOND THE MOTOR」をテーマに開催される「第45回東京モーターショー2017」において、「CROWN(クラウン) Concept」を初公開する。

【こちらも】トヨタ、クラウン「アスリート」に特別仕様車を設定

 将来のモビリティ社会においてもクルマを操る楽しさをお客様に提案するため、TNGAに基づきプラットフォームを一新するなど、クルマをゼロから開発し、世界一過酷だとされるドイツのニュルブルクリンクサーキットでの走行テスト走行を実施し、開発した新型だ。

 意のままに操れるハンドリング性能に加え、低速域から高速域かつスムーズな路面から荒れた路面など、あらゆる状況において目線のぶれない圧倒的な走行安定性を実現し、ドライバーに「走る歓び」と「安心」を提供する。

 トヨタは、車載通信機をラインアップ車に搭載し普及していくことで取得できるビッグデータを活用し、ユーザーへ新たな価値を提供していく。また、「CROWN Concept」の市販モデルにも車載通信機を全車標準装備し、展開を図る予定だ。

 「CROWN Concept」のボディサイズは現行モデルよりもひと回り大きく、全長×全幅×全高4910×1810×1455mm、ホイールベース2920mm。コンセプトモデルとは言え、非常に現実的な寸法で、このクラウンの市販モデルは、2018年夏頃に発売を予定しているという。パワートレーンなどの報告はない。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ハイブリッド車 半数以上が好感もつものの、抵抗感も未だ拭えず
EVを巡るトヨタ、マツダ、デンソー、3社で開発会社「EV C.A. Spirit」共同設立
トヨタ、米国でハイブリッドユニット含め現地生産化。推進に3.7億ドル投資
自動車がさらに進化するかも? ノイズ対策を不要にする、日本のアナログ技術
トヨタ、全国紙で全面広告を展開した本気のスポーツカーブランド「GR」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車特別仕様車クラウン東京モーターショー

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース