1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > クラウン(1)

クラウンのニュース一覧

「J.D. パワー 2018年日本自動車セールス満足度調査 ブランド別ランキング・量販ブランド」(画像: J.D. パワーの発表資料より)

自動車ユーザーの立場から見て、大事なことは「良いクルマ」であることだが、それは「商品力」と「整備力」の両方だ。 11/12 18:44

スバルフォレスター(画像: SUBARUの発表資料より)

7日、今年のクルマを決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車、上位10車「10ベストカー」が選出されたことを日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会・選考委員が発表した。 11/08 17:14

ホンダ N-BOX(画像: 本田技研工業)

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、2018年10月度の車名別新車販売台数(速報値)を発表した。 11/06 21:15

検査データ改ざんした製品が「どの建物に使われているのか?」に注目が集まってきたが、規格外のダンパーでも損害がはっきりするほどの地震が起きるのは、直下型地震、あるいは南海トラフによる大地震などで、KYBが対策を終わる2年間で起きる確率は低いのだ。 10/21 20:15

トヨタ・新型クラウン、トヨタ・新型カローラスポーツのショックアブソーバーを造るKYBが、「ビルなどの免震・制振装置」の検査データ改ざんを行っていたことを公表した。 10/18 10:17

クルマを買いたくない理由は、「買わなくとも生活が出来る」「お金がかかる」「自分のお金は車以外に使いたい」などだ。 10/11 16:16

これまでトヨタ車は、トヨタ店、カローラ店など4拠点の販売系列で顧客層の棲み分けを図ってきた。が、今後はすべての販売店でレクサス車を除くトヨタ車全車を販売する。写真のハイブリッド車「プリウス」は初代からトヨタ全店で取り扱っていた。この流れが全車種に及ぶ

トヨタは国内販売体制を抜本的に見直す。 10/01 09:25

ホンダN-BOX(画像: 本田技研工業)

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、8月度の車名別新車販売台数を発表。 09/06 20:41

トヨタ・新型クラウン

2017年の自動車世界販売台数は、前年比2.4%増、約8605万台だ。 08/28 19:29

新型クラウン・TNGA FR プラットフォーム(画像: トヨタ自動車)

40年ほど前、BMWはセダンを基本にしたツーリングと呼ぶ「ステーションワゴン」をシリーズに追加することがあった。 08/22 21:35

トヨタの新型クラウン(画像: トヨタ自動車)

近頃、日本車のハンドリングは、めきめきと向上して、ドイツの各車に追いついた、あるいは追い越したのか?と言われるようになった。 08/22 21:26

ホンダN-BOX(画像: 本田技研工業)

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した7月の車名別新車販売台数(速報)によると、ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」が前年同月比135.6%の1万9,668台を記録し11カ月連続でトップとなった。 08/06 21:05

サンプル(試作)車を作ることが出来て技術的に自動運転ができると見通しが立つと、通常「量産試作」車を複数造り、実用化テストを行う。 07/31 06:48

新型クラウン(画像: トヨタ自動車)

6月25日に発売されたトヨタの新型クラウンと、同日に発売された新型カローラスポーツの受注状況が26日に発表された。 07/27 19:07

 1 2 3  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告