トヨタ、ランドクルーザープラドに2度目の大規模改良

2017年9月15日 11:37

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

全車に歩行者にも対応した自動ブレークを含む安全運転支援システム「Toyota Safety Sense P」を標準装備としたランドクルーザープラド、写真は最上級のTZ-G、536万3280円

全車に歩行者にも対応した自動ブレークを含む安全運転支援システム「Toyota Safety Sense P」を標準装備としたランドクルーザープラド、写真は最上級のTZ-G、536万3280円[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車は、クリーンディーゼルエンジン搭載車をラインアップし、根強い人気を持つランドクルーザープラドをマイナーチェンジし、全国のトヨタ店を通じて9月12日に発売した。

【こちらも】世界中で「信頼性」評価が絶大!新型ランドクルーザーが高級感を増して登場

 デビューから8年、2013年に次ぐ大規模改良が2度目となる今回のマイナーチェンジの大きなポイントは、力強さと先進性をより一層高めたエクステリアに進化し、歩行者対応自動ブレークなどを備えた衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備したことにある。

 新型プラドのエクステリアは、写真のように力強さと先進性を示すデザインに進化した。

 フロントフード中央部を運転席からの前方視界に配慮した形状とし、大型フロントグリルとヘッドランプ周りを統一感のあるデザインとすることで力強さを演出した。また、ヘッドランプは全車にLEDを採用したほか、19インチアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装)を新設定した。

 リヤは、コンビネーションランプの張り出しを抑え、ガーニッシュの意匠を変更し、SUVとしての安定感のあるスタンスを目指した。

 インテリアは、インストルメントパネル周りを中心に先進的なデザインに変えた。エアコン吹き出し口上部を下げることで視認性を向上させ、ナビゲーションをタブレット型の薄いモダンな形状となった。また、センタークラスターやメーターパネルに金属調加飾を施すことで上質感を得ている。

 ステアリングホイールは、握りやすさを考慮した設計とし、インストルメントパネルとの統一感を追及したデザインとした。

 冒頭で記したように、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」やドライブスタートコントロールの全車標準装備とした。加えて、ブラインドスポットモニターを新設定するなど、安全運転支援装備を充実させているのも今回のマイナーチェンジのポイントだ。

 ランドクルーザーシリーズとして初めてリヤディファレンシャルに採用したトルセンLSDや、シーンに合わせて5つの走行モード(NORMAL、ECO、COMFORT、SPORT S、SPORT S+)が選択できるドライブモードセレクトを「TZ-G」に標準装備し、本格派4WD車としての走る歓びも追求した。

 今回のマイナーチェンジでグレード体系・仕様も見直した。最上級グレードのTZ-G(7名乗車仕様のみ)を除くすべてのグレードに7名乗車仕様と5名乗車仕様をラインアップした。価格はTXの5名乗車仕様353万8080円から最上級TZ-Gの536万3280円。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ・ハイラックス、13年ぶりに国内販売復活。生産はタイ
SUBARU、FRスポーツ「BRZ」をマイナーチェンジして2018年型モデルを発表
FRスポーツ「トヨタ86」、Brembo製ブレーキ標準装備し、大きく進化
EVバブルに踊らない。内燃機関は死せず、新環境技術で存続させる
加速する車の「電装化」を牽引する、日本の高い技術力

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクリーンディーゼルトヨタ自動車SUVランドクルーザーインド

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース