クレディセゾン、アルバイト以外の全従業員を正社員化へ

2017年8月17日 08:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 クレジットカード会社のクレディセゾンが8月14日、従業員が能力を発揮しやすい労働環境作りを目的に、人事制度を刷新すると発表した(発表PDFITmedia日経新聞)。

 同社は無期雇用の「総合職社員」「専門職社員」と、有期雇用の「嘱託社員」「メイト社員」という複数の社員区分が存在しており、それぞれ給与の基準や賞与の有無、確定拠出年金の有無などで違いがあった。今後は全社員を「正社員」とし、すべてを無期雇用・月給制とした上で賞与も支給さあれ、確定拠出年金制度などの福利厚生も統一するという。

 新制度は9月16日より適用されるとのこと。同社ではこれまでプログラマーは嘱託社員扱いだったようだが、今後は正社員になる模様。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
派遣エンジニア不足で人材会社が外国人を正社員として雇用する動き 2017年06月02日
KDDI労組、契約社員についても「月給のxか月分」という形式でボーナスを支給するよう要請へ 2017年02月17日
正社員の増加、非正規社員の増加を上回る 2016年12月02日
リクルートが正社員以外も含む全社員にリモートワークを導入へ 2015年12月25日
非正社員の割合が初めて4割に達する 2015年11月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード雇用年金給与クレディセゾン

「金融・保険業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース