ファミリーマート、「コメダ珈琲店アイスブラック」発売 8日から

2017年8月9日 07:02

小

中

大

印刷

 ファミリーマートは8日、オリジナルチルドカップコーヒー「コメダ珈琲店 アイスブラック」を、全国のファミリーマート、サークルK、サンクス、約1万8,000店で発売すると発表した。期間は、8月8日~9月末予定。喫茶店チェーンを運営するコメダと、オリジナル飲料食品の開発専門メーカー・トーヨービバレッジが共同開発したもの。270ml、179円(税込)。

【こちらも】ファミリーマート、「炭火焼きとり」が約1カ月で3000万本達成

■商品特長

 コメダ珈琲店から、無糖のチルドカップコーヒーが新登場する。ブラックならではのすっきりとした味わいで、これから暑さが続く季節にぴったり合いそうだ。

 使っているコーヒー豆は、コメダ珈琲店の店舗で販売中のアイスコーヒーと同じ産地、同じ配合。カップのパッケージは、黒地にシルバーのイラストでスタイリッシュにデザインした。内蓋は、コメダらしい遊び心溢れるイラストに仕上げている。

 ストローの差込口に、メッセージやイラストを描き、プレゼントするのもお勧め。

 ファミリーマートは、1973年9月に、小さな、ひとつの「実験店舗」が開店し、現在では毎日の暮らしを支える大きな存在へと成長した。「あなたと、コンビニ、ファミリーマート」のキャッチコピーのもと、便利で安心できるサービスを通じ、顧客の気持ちに最も近い存在を目指している。

 2016年9月には、「サークルK」「サンクス」店舗の「ファミリーマート」ブランドへの転換も開始し、2017年7月現在、2,000店が転換を終えている。

 コメダ珈琲店は、1968年名古屋で誕生。「伝統はくつろぎです」をキャッチコピーに、来年には創業50周年を迎える。「街のリビングルーム」として、今後も、ずっと変わらない「くつろぎ」を提供していく方針だ。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードファミリーマートコメダ

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース