軍事的側面で韓日は運命共同体 姜韓日議連会長

2017年7月23日 16:32

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 韓国・聯合ニュースは21日夜の電子版で韓日議員連盟の姜昌一(カン・チャンイル)会長(与党・共に民主党)が安倍晋三総理と会談したことを報じたうえで「姜氏は会談後、記者団に『会談で過去の歴史や慰安婦問題、韓国政府の国政課題に対する直接的な言及はなかった』とし『100大課題のうちの慰安婦問題は韓国の内政問題であり日本と話す段階ではない』と強調した」と伝えた。

 また、北朝鮮対策では姜会長は「軍事的な側面で、韓日は運命共同体である」とし「シャトル外交を復活させ、関係を正常化し、安保問題に対する踏み込んだ対話をしなければならないという点で意見が一致した」としている。

 報道では「安倍首相は会談冒頭で、韓国について戦略的な利益を共有する日本にとって最も重要な隣国とし、韓国と日本は地域の平和に対し大きい責任を負っており、今後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と共に地域の平和と繁栄のために手を握って協力していくと話した」と伝えた。

 また安倍総理が「首脳間のシャトル外交も重要だが、政府間、国民間の交流も重要であり、国民を代表する議員間の交流も重要だと強調した」としている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
南北軍事当局者会談の申入れ「問題ない」菅氏
韓国政府が北朝鮮に軍事当局会談を申し入れ
北へ外交努力で核・ミサイル放棄迫れ 共と社民
竹島での軍事訓練に外務省強く抗議
北ミサイル発射 防衛省発表は事案ごとに判断

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三韓国北朝鮮文在寅姜昌一

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース