米NSA、WannaCryには北朝鮮の諜報機関が関与していると判断

2017年6月20日 17:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 先日、Windowsの脆弱性を狙って感染するランサムウェア「WannaCrypt」の流行が報じられたが(過去記事)、米国家安全保障局(NSA)がWannaCryは北朝鮮によるサイバー攻撃であると考えているという(ワシントンポストCNET Japanハンギョレ中央日報Slashdot)。

 NSAの分析では、北朝鮮偵察総局が「中間レベルの信憑性(moderate confidence)」でWannaCryに関わっていると見ているという。

 WannaCryはNSAが保有していたハッキングツールを北朝鮮と関わりのあるハッカーグループが奪取して制作されたとされる。WannaCryの被害者が支払ったビットコインは合計13万ドル以上相当とのことだが、現金化はされていないともされている。

 なおWannaCryについては以前中国が関わっている可能性があるとの報道もあった。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
北朝鮮のサイバー攻撃、「HIDDEN COBRA」と命名される 2017年06月16日
被害が急増しているランサムウェア「WannaCrypt」は感染して数分で他のマシンに広まる 2017年05月17日
ランサムウェア「WannaCrypt」、大流行中 2017年05月15日
北朝鮮は金融機関をサイバー攻撃して核開発資金を得ている? 2017年04月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北朝鮮脆弱性安全保障ハッキング米国家安全保障局(NSA)ハッカーランサムウェアサイバー攻撃WannaCrypt