ユタ州司法次官補、ノートPCは15歳になるまで結婚できない 法律で認められたとしても

2017年6月5日 07:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米国・ユタ州で、ノートPCとの結婚を認めないのは不当だと主張する男性が提起した訴訟に対し、州司法次官補が棄却申立を行っているのだが、その中で男性の所有するPCが結婚可能な年齢に達していない点を指摘している(棄却申立の文書: PDFThe Registerの記事)。

この男性は昨年、所有するPCとの結婚許可証をユタ郡で申請したが、無生物との結婚は認められないとして発行が拒否されたため、郡書記官を訴えていた。訴状はその後修正され、州知事や州司法長官も被告に加えられており、複婚の権利を主張する男性2名が原告に加わっている。原告3名は同性カップルに結婚する権利があるなら、PCと結婚する権利や複婚の権利も認められるべきだと主張している。

棄却申立の文書で州司法次官補は、ノートPCや複数のパートナーと結婚することは憲法で保障された権利ではないと主張。男性のノートPCはユタの州法上、儀式による結婚も合意による結婚も不可能だという。これらの条件が満たされるにしても、州法で結婚が認められる15歳に達していないとのこと。また、複婚の権利を主張する2名については、その結婚相手が訴訟に加わっておらず、意思を確認することもできないと述べている。

原告3名は訴状を通じて複婚や同性愛、機械性愛などに対する嫌悪を示しており、連邦最高裁が同性婚を権利として認めたことは違憲でモラルに反するとの考えを明確にしているという。訴訟はノートPCとの結婚や複婚による結婚許可証の受領が目的ではなく、同性愛者の結婚する権利を制限することが目的だと州司法次官補はみているようだ。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ノートPC | idle | アメリカ合衆国 | モバイル | 法廷 | スラッシュバック | 変なモノ

 関連ストーリー:
女性が結婚できる年齢、18歳に引き上げへ 2016年09月05日
楽天、社内規定を改定し「同性パートナー」も配偶者として認める方針へ 2016年07月25日
米男性、コンピューターとの結婚を認めない郡書記官を訴える 2016年07月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード憲法結婚

関連記事

広告