コリン・マクレーが写し出す極彩色の空撮抽象作品が話題

2017年2月24日 11:39

小

中

大

印刷

©Colin McRae

©Colin McRae[写真拡大]

写真の拡大

 サンフランシスコのベイエリアに拠点を置く写真家、コリン・マクレー(Colin McRae)は、ヘリコプターから塩水池を11年間撮影している。

 その写真は実にカラフルで、まるで抽象派絵画のよう、と話題だ。

 コリンは、「サンフランシスコ国際空港へのアプローチエリアであり、サンフランシスコ湾の下側であるこれらの塩水池干潟地域の発見は、まさに偶然でした。発見当時、私は映画を撮っていて、いくつかのテストロールを撮るため、ヘリコプターでこの区域を上空から見たとき、信じられないほど美しく素晴らしいことに気付いたのです。その時から私は、この景色を撮影するためにますます多くの時間を費やし始めたのです」と語る。

 このカラフルな色になる理由として、オレンジピンクのブラインシュリンプ、そして赤と緑の藻類たちが繁殖したからだとか。

 ちなみに気になる撮影機材は、「以前まではキャノン1Dsや5D Mark IIIを使っていたのですが、最近、フルフレームミラーレスソニーa7R II(ソニー24-70mm f / 4レンズ)とソニーA6000(ソニー18-200mm f / 3.5-6.3レンズ付き)で撮影」しているそうだ。

 そんなコリン・マクレーの美しい極彩色な航空写真作品は、サンフランシスコのcLoughlinギャラリー、LAアートショーアートフェア、ロサンゼルスデジタルアートセンター、サンフランシスコのバンクオブアメリカ本社、ニューヨークのMorgan Stanleyで紹介されているので必見。(記事:マーヴェリック・記事一覧を見る

関連キーワードソニーミラーレスアメリカニューヨーク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース