積水化学の16年4~12月期決算 高機能製品が貢献で視界良好

2017年2月1日 21:12

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 ■収益性が改善し、営業利益は第3四半期累計では過去最高益更新

 1月30日、積水化学工業<4204>が2016年4~12月期(第3四半期)決算を発表した。売上高(7662億円)は前年同期比で4.2%減。営業利益(615億円)は11.0%で過去最高益を更新。経常利益(637億円)は17.2%増。四半期純利益(399億円)は1.3%減。四半期純利益の2017年3月期の通期業績見通しに対する進捗率は67.6%で、為替差損、投資有価証券評価損を計上した第1四半期の進捗率がわずか0.11%だったことを考えれば、大幅に改善して順調と言える。

 第3四半期の売上減の要因はスマホ向け製品の販売減、生産調整によるもの。利益は秋からの為替の円安が効いて増益幅が拡大している。特に営業利益は3つのカンパニーがともに増益になり、全体では2ケタ増益になった。住宅販売は新商品を中心に分譲、建売とも引き続き好調で、都市部では建て替えの受注も出ている。高機能、高付加価値の自動車用の樹脂製品も伸びている。海外は管材関連の事業構造改善の効果が現れ収益性が改善した。四半期純利益は特別利益の減少、税金費用の増加の影響で前年同期比で減益だった。

 カンパニー(セグメント)別では、住宅カンパニーは前年同期比で売上高1.4%増、営業利益2.7%増。新築住宅事業は昨年4月発売の「Gシリーズ」が建て替え向けに受注を伸ばした。住環境事業はパッケージ商材「高耐久・外装リフレッシュ」が好調。環境・ライフラインカンパニーは売上高3.0%増、営業損益は黒字転換して過去最高益更新。国内事業の収益性改善施策、原価の低減が効果をあげた。海外事業は構造改革で損益が大幅に改善している。航空機向けプラスチックシートを製造するアメリカの新工場がフル稼働し、収益に貢献した。高機能プラスチックスカンパニーは売上高6.4%減、営業利益6.2%増。スマホやタブレット端末の減産の影響を受け両面テープなどエレクトロニクス分野は減収だったが、車輌・輸送分野、住インフラ分野、ライフサイエンス分野など他の戦略分野の収益の伸びがカバーすることで、営業利益は過去最高益を更新できている。

 ■2020年代半ばの売上高2兆円を目指し今後はM&Aなど積極投資を推進

 2017年3月期の通期業績見通しは、売上高は10億円上方修正し1兆670億円で前期比2.7%減、営業利益は20億円上方修正し960億円で6.9%増、経常利益は40億円上方修正し920億円で13.3%増とした。当期純利益は590億円の見通しを据え置き4.1%増で、減収増益の予想。16円の期末配当、32円の年間配当の見込みは修正しなかった。

 業績上方修正の理由は、為替レートが当初の見通しよりも円安に振れ、特に高機能プラスチックスカンパニーでの売上高、営業利益の増加、為替差益の計上で全体の経常利益の増加が見込めること。採算の改善については事業構造改革の効果も加味している。

 通期で8期連続営業増益、4期連続最高益更新での着地を目指す第4四半期の全社的な施策として、高機能品へのシフト、構造改革の完遂、生産・物流体制の最適化、生産・出荷の平準化など「収益力強化」、開発、新商品投入の加速、協創による次世代事業の創出を目指す「イノベーション」、グローバル成長市場、新分野、新用途を開拓する「フロンティア開拓」を掲げている。

 次期中期経営計画(2017~19年度)の投資計画は、戦略投資額が現在の中期経営計画(2014~16年度)の約2倍の2000億円を予定し、成長が見込めるライフサイエンス分野、車輌・輸送分野、エレクトロニクス分野でM&Aを積極的に推進していく考え。海外拠点は、住宅や環境インフラのビジネスの拡大が見込めるインド、アフリカ、東南アジアなど新興国を中心に新設、増設を進める計画がある。借入金の増加も承知の上で、意欲的な戦略投資を進めていくという。

 2020年代半ばまでの長期的な売上高目標は、2017年3月期の通期見通し1兆660億円の1.87倍の2兆円という数字に、照準を合わせている。(編集担当:寺尾淳)

■関連記事
【今週の展望】日米英中銀イベント、重要指標、企業決算が重複
【今週の振り返り】春の2万ドル突破まつり実施中で329円上昇の週
【今週の展望】マーケットの焦点が日米の企業決算に移る週
【今週の振り返り】 要人の「口から出れば世界」で149円下落した週
【今週の展望】「就任演説待ち」するほど世界はヒマではない

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード為替アメリカアフリカスマホ自動車タブレットインド円安積水化学工業

広告

財経アクセスランキング