ソフトバンク、中国で「YunOS」搭載の独自ペッパーを展開

2016年10月13日 14:34

小

中

大

印刷

ソフトバンクロボティクスホールディングスは、人型ロボット「ペッパー(Pepper)」を中国で展開すると発表した。

ソフトバンクロボティクスホールディングスは、人型ロボット「ペッパー(Pepper)」を中国で展開すると発表した。[写真拡大]

写真の拡大

 ソフトバンクロボティクスホールディングスは13日、人型ロボット「ペッパー(Pepper)」を中国で展開すると発表した。アリババグループが開発するOS「YunOS」を搭載した中国独自のペッパーを販売するという。

 販売はソフトバンクグループとアリババグループの合弁会社Alibaba Robot Corporationが担当する。13日から開催している「Alibaba Cloud 2016 Computing Conference」でYunOSを搭載したペッパーのプロトタイプ(開発モデル)を展示するという。

関連キーワードソフトバンクソフトバンクロボティクスペッパー(Pepper)ロボット中国

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース