蓮舫氏は相当回転早く有能な議員 石破氏が印象

2016年9月18日 13:56

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 石破茂前地方創生担当大臣が民進党の蓮舫代表について「あまり詳しく存じませんが、予算委員会での質問を聴く限り、相当に頭の回転が速く、キャスター出身らしい切れ味の鋭さを持ち、教条主義的ではない有能な議員だと認識している」と評したコメントをブログに載せた。

 石破衆院議員は「国家観や憲法観について語るのを聞いたことはなく、今後どのような主張をするのかよく見ていきたい」と関心を寄せた。

 そのうえで「集団的自衛権行使の限定的な容認(私個人は憲法上も、全面的に行使は容認され、その限定は安全保障基本法によってすべきとの立場ですが)が、何故、憲法違反なのか、何故、立憲主義に反するのか(その立場に立つなら個別的自衛権の行使も否定されなくてはなりません)、これが「他国との戦争に巻き込まれる邪悪な権利」であるとするなら、政権獲得の暁には日本政府として国連総会において集団的自衛権条項の削除を求めるのか、など、明らかにして貰いたい点は多々あります」と提起した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
民進党幹事長に前総理・野田佳彦衆院議員
蓮舫氏の事実に基づく質問力は政界随一と前総理
共・生・社が民進党へ野党共闘強化のエール
民進党代表に蓮舫氏「政権選択政党にする」
民進党代表選 3候補の「安保政策」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安全保障民進党石破茂憲法集団的自衛権蓮舫地方創生国連総会