日中韓3カ国外相会議、サミット成功の弾みへ期待したい―菅義偉官房長官

2016年8月24日 08:59

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 菅義偉官房長官は23日の記者会見で、24日に開かれる日中韓3カ国外相会議について「中国からは王毅(おう・き)外交部長、韓国から尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官が出席する予定です。この3者会議では、3国間の協力案件の現状と将来の方向性について議論をするとともに、地域・国際情勢について意見交換を行う予定だ。3か国の外相が一堂に会して率直な意見交換をすることは極めて有意義なことだ」と外相会議が開かれることになった意味を語った。

 そのうえで「3か国外相会議が経済、環境、防災、青少年交流など、幅広い分野で成果を出し、日中韓サミット成功への大きな弾みになることを強く期待したい」と期待を語った。また、日中外相会談、日韓外相会談を開くための調整を両国間で行っているところとした。

 尖閣諸島周辺での中国の領海侵入について、日中外相会談で取り上げるのかどうかについては「2国間の懸案事項については2国間の会談でしかるべく取り上げていくというふうに考えている」と答えた。岸田文雄外務大臣も、22日夜の会見で「2国間の懸案事項については2国間の外相会談で議論する。こうした整理の下に適切に対応していきたいと考える」と答えていた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
「中国外交部長にお目にかかりたい」二階幹事長
日中韓3か国外相会議「24日に日本で開く」
中国公船が再び尖閣での領海に侵入
中国「釣魚島領海内をパトロールした」
中国公船による日本領海への侵入行為が続く

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国韓国岸田文雄尖閣諸島菅義偉官房長官尹炳世(ユン・ビョンセ)王毅(おうき)

関連記事

広告