法人向けネットバンキングサービスでは未だにEdgeはサポート対象外

2016年7月15日 21:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 昨年あおぞら銀行がネットバンキング利用者にWindows 10へのアップグレードを控えるようアナウンスしたことが話題になったが、それから約一年経った現在では大手銀行ではWindows 10およびEdgeが推奨環境として利用可能になっている。いっぽうで法人向けのサービスではまだEdgeはサポート外になっている金融機関が多いようだ。

 Edgeの利用が可能な金融機関は、三菱東京UFJ銀行みずほ銀行三井住友銀行ゆうちょ銀行など。一方、三菱東京UFJ銀行でも法人向けサービスではEdgeは利用できないとアナウンスされている。みずほ銀行三井住友銀行ゆうちょ銀行の各法人向けサービスも同様だ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT

 関連ストーリー:
「Edgeは電力効率が優れている」と主張するMicrosoft、それに対しOperaは異議を唱える 2016年06月24日
Firefoxのシェア、MicrosoftのIEおよびEdgeの合計を抜く。しかし依然としてトップはChrome 2016年05月21日
シェアを減らし続けるMicrosoft Edge 2015年12月22日
金融機関が利用を推奨するセキュリティソフトでまたもやWebブラウザとの非互換性問題 2015年12月11日
あおぞら銀行、ネットバンキング利用者にWindows 10へのアップグレードを控えるようアナウンス 2015年07月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティMicrosoftWindowsWindows 10Microsoft Edge三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行

広告

財経アクセスランキング

広告