安保法案、民主「協議するなら1年は必要」、維新は独自案提出

2015年6月17日 15:59

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民主党の細野豪志政調会長は、菅義偉官房長官が安保法案で「野党の修正案に真摯に対応する」と修正に応じる姿勢を示していることに「政府の案はこれまでの安保法制の根幹を揺るがす大改正で、極めて重い。国民も気づいており、協議するのであれば当然1年くらいは必要」とした。

 細野政調会長は「いまの政府案は微修正なり一部変更で通せるような代物ではない。与野党での根本的な考え方からの協議が前提でないと修正は難しい」とした。

 維新の党の柿沢未途幹事長も「政府案に憲法学者が揃って憲法の範囲を逸脱しているという深刻な疑義が投げかけられている。違憲の疑いのある立法に対して、修正だ、何だということは全く考えられない」と修正の対象にならないとしている。そのうえで、維新の党としての対案を取りまとめ、国会に提出する考えを示した。

 柿沢幹事長は政府案の歯止めは緩すぎるとし、経済危機のみを理由に自衛隊を海外派遣することがないよう、独自案を取りまとめる意向だ。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
会期延長 谷垣氏は今週の流れ、高木氏は反対
安保法案 野党の修正案に真摯に対応する 政府
正当性の補完材料になった 小沢代表
南シナ海 自衛隊で対応「必要と考えていない」
安保法案が成立・施行なら違憲訴訟へ

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自衛隊安保法制菅義偉官房長官憲法柿沢未途日本維新の会民主党細野豪志

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース