トヨタとパナソニック、クルマと家電の連携サービスを年内に提供開始へ

2014年6月9日 14:55

小

中

大

印刷

トヨタ自動車とパナソニックのクラウド連携とサービスの概念図

トヨタ自動車とパナソニックのクラウド連携とサービスの概念図[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車とパナソニックは9日、クルマと家電をつなぐ新サービスを今年後半にも提供開始すると発表した。クルマの位置情報と連動して、エアコンの切り忘れ通知や起動を行なうサービスなどの実用化を進めているという。

 両社は昨年6月、クルマと家電をつなぐ次世代テレマティクスサービスの開発で協力関係を構築することに合意し、両社のクラウドをつなぐインターフェースの開発を進めてきた。その成果として、クルマの位置情報と連動して、出掛ける際にエアコンの切り忘れ通知を行う、または、帰宅時には到着する前にエアコンの起動をお勧めするなど、新しいサービスの実用化に向けて準備を進めているという。

 将来的には、両社の強みを活かした新たなサービスをさらに開発し、人、クルマ、家、街をつないだスマートモビリティ社会の発展に取り組んでいくという。

 共同開発中の新サービスについては、6月18日から20日に東京ビッグサイト(江東区有明)で開催される「スマートコミュニティJapan 2014」のトヨタブースで紹介する予定。

関連キーワードトヨタ自動車トヨタパナソニック自動車テレマティクス

広告

財経アクセスランキング