Microsoft、Officeの永続ライセンス版リリースへ 21年後半に

2020年9月24日 17:04

Microsoftが自社ブログで、Office製品の永続ライセンス版を2021年の後半にリリースすると発表した。WindowsとMac版の両方で提供されるという(MicrosoftブログCNET)。

Microsoft 365の登場以後は、定額支払いの必要なサブスクリプションサービスのみの展開となり、永続ライセンス版の販売は今後されないのではと見られていた。

なお、元のブログでは一行の記述があるだけで、明確な発売時期やパッケージなのかダウンロードなのかといった販売形態、法人向けなのか個人向けにも販売されるのかといった情報は不明。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | ソフトウェア | ニュース | IT

 関連ストーリー:
Microsoft、Web版Wordに音声からの文字起こしや音声コマンドで編集操作できる機能を追加 2020年08月27日
レガシーMicrosoft Edge、来年3月でサポート終了 2020年08月19日
Ubuntuで動作するMS Office 2020年05月11日
Excelワークシート関数で変数が使えるように 2020年03月21日
Office 365 ProPlus新バージョン、一部の国でGoogle Chromeの検索エンジンをBingに変更 2020年01月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

スラド

関連キーワード

MicrosoftWindowsOfficeMicrosoft 365サブスクリプション