中国、2020年に予定の火星探査プロジェクトで使われる探査機を公開実験

2019年11月19日 19:33

 Anonymous Coward曰く、

 中国は2020年に火星探査ミッションを予定しているが、11月14日に中国河北省懐来県にある着陸総合試験場でこのミッションで使用される火星探査車の試験の模様などが初めて公開された。

 この着陸総合試験場では、火星の地形をシミュレートするために小さな岩の山が多数設置されており、その環境下で探査車の動作テストが行われたようだ(BloombergAFPSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 火星 | 宇宙 | 中国

 関連ストーリー:
火星探査機InSight、着陸から間もなく一年も地中センサーの投入は難航 2019年10月30日
中国・青海省に模擬火星キャンプがオープン 2019年03月09日
中米欧、宇宙開発の方向性ですれ違い。中国は早期の月面探査を目指す 2018年07月25日
ここ数年は世界各国で「惑星探査ラッシュ」、各国の状況 2015年01月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

スラド

関連キーワード

中国火星