セガと損保ジャパン日本興亜、高齢者向け運転シミュレータを開発

2019年10月21日 17:18

 Anonymous Coward曰く、

 損害保険ジャパン日本興亜とセガ・ロジスティクスサービスが共同で「運転シミュレータ」を開発した。高齢者向けで、運転に関する認知機能や運転技能を診断・トレーニングできるという(Impress Watch)。

 個人が導入することを想定しているわけではなく、ディーラーや教習所向けだそうだ。

 スラドのコメントを読む | ゲーム | 交通

 関連ストーリー:
富士通研究所、運転体験可能な広域道路交通シミュレーターを開発 2010年12月07日
運転の下手さはDNAが原因? 2009年10月30日
世界最大級のドライビングシミュレーター 2007年11月26日
時間帯や地域などを限定して運転を認める「限定条件付き免許」、議論は結論持ち越し 2019年04月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

スラド

関連キーワード

高齢者損保ジャパン日本興亜