2015年11月11日 21:37

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレンジ色の部分は、悲しみ表情と涙による相乗効果を示した脳部位を表す。内側前頭前野と楔前部・後部帯状回は、悲しみ表情と涙が統合した時に強く活動した。棒グラフは相乗効果を示した脳部位の活動量を図示している。(生理学研究所の発表資料より)

オレンジ色の部分は、悲しみ表情と涙による相乗効果を示した脳部位を表す。内側前頭前野と楔前部・後部帯状回は、悲しみ表情と涙が統合した時に強く活動した。棒グラフは相乗効果を示した脳部位の活動量を図示している。(生理学研究所の発表資料より)

この記事の写真

  • 実験参加者はfMRIによる脳活動の測定中に他者の顔表情を観察し、その他者がどの程度悲しいと思われるかを評定した。実験では実写画像を使用した。(生理学研究所の発表資料より)
  • オレンジ色の部分は、悲しみ表情と涙による相乗効果を示した脳部位を表す。内側前頭前野と楔前部・後部帯状回は、悲しみ表情と涙が統合した時に強く活動した。棒グラフは相乗効果を示した脳部位の活動量を図示している。(生理学研究所の発表資料より)

「サイエンス」の写真ニュース

サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告