参院選は憲法改正に突っ走るのかが問われている―民進・枝野幸男氏

2016年6月13日 10:14

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党の枝野幸男幹事長は安倍晋三総理が、有効求人倍率が全都道府県で統計を取り始めて史上初めて1倍を超えたとアベノミクスの成功例にあげていることに「統計のマジックというか、ごまかしが顕著に表れている」と反論した。

枝野幹事長は(1)団塊世代のリタイアで求職者数が急激に減っていること(2)非正規の求人が圧倒的に増えていることなどをあげ「都合のいいところを断片的に切っているので、実質的な雇用状況が改善しているわけではない。全くのまやかし」と批判した。

また、これまでの安倍総理の選挙戦略に対し、枝野幹事長は選挙では経済を争点にしながら、選挙後には集団的自衛権に対する憲法解釈の変更、特定秘密保護法、安保法制と「まさに『だまし』『ごまかし』をやってきた」と、今回の参院選挙でも、経済が争点と言いながら、選挙後には憲法改正に走る危険を提起。憲法改正発議に必要な衆参両院での3分の2の議席を与えることは絶対に阻止しなければならないとし、参院選挙では「憲法改正に突っ走るような結果を与えていいのかが問われている」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
9条改正や緊急条項に味方するものでない 維新
天皇制度含め現行憲法守っていく 共産・小池氏
日本の進路を方向づける投票 政治は一票で動く
参院選挙の争点は憲法と政策の視点、原発
参院選争点の柱は安保法制とアベノミクスの是非

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード雇用安倍晋三アベノミクス民進党安保法制有効求人倍率枝野幸男憲法改正憲法

関連記事

広告