1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 教育
  5.  > 東京工業大学(1)

東京工業大学のニュース一覧

今回の研究の概要。(画像: 東京工業大学の発表資料より)

植物や果物の特定の部位からはエチレンと呼ばれる気体分子が生成され、果実を成熟させるホルモンとして機能している。 12/29 07:28

日本から名称を提案した系外惑星系の星野写真(c) 大西浩次

国際天文学連合(IAU)は17日、「太陽系外惑星命名キャンペーン(IAU100 NameExoWorlds)」の最終結果を発表した。 12/21 10:03

JALとUCLAが連携協定覚書締結。(画像: JALの発表資料より)

日本航空(JAL)は27日、アメリカのカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)との間で、共同研究・人的交流などを行う連携協定の覚書を締結した。 11/30 09:22

従来の外部加熱方法(A)およびマグネトロン式のマイクロ波加熱(B)と、今回使用された半導体式のマイクロ波を用いたバイオマスの加熱方法(C)の比較。(画像: 東京工業大学の発表資料より)

東京工業大学と産業技術総合研究所(産総研)は25日、半導体式マイクロ波発振器等を使い、マイクロ波によるバイオマスの超急速熱分解に成功したと発表した。 11/28 11:24

日本の排他的経済水域(左)と試料を採取した南鳥島周辺(右)の地図(写真:東工大の発表資料より)

再生可能エネルギー技術やエレクトロニクス、医療技術など幅広い産業分野で不可欠なレアアース(希土類)。 11/25 08:05

研究グループが開発した記憶素子の構造(左)と写真(右)(写真:東工大の発表資料より)

東京工業大学は21日、全固体リチウム電池を応用した情報メモリ素子を開発したと発表した。 11/23 09:50

今回の研究の概要。(画像: 東京工業大学の発表資料より)

東京工業大学の研究グループは18日、iPS細胞において、遺伝子を安定化し、がん化等を防ぐ仕組みを解明したと発表した。 11/20 20:14

研究で海水を採取した場所(地図中の星印)および亜寒帯の観測点KNOTにおける採水作業の様子。研究船から採水器を海中へ投入し、硝化が活発に起こっている水深100-200mの海水を採取した。(画像:東京工業大学発表資料より)

従来、海洋の酸性化は一酸化二窒素(N2O)の生成を弱めると考えられていた。 11/14 09:25

火星探査車キュリオシティ。(画像提供 NASA)

火星には水があったということが現在では定説になっている。 10/29 11:50

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、新たなリレーショナルデータベース開発プロジェクトを進めているという。 10/25 09:07

岐阜県舟伏山地域のP/T境界試料採取場所の露頭写真。点線で示した境界を挟んで連続的な試料が得られる貴重な場所である。(画像:東京大学発表資料より)

地球史上最大の大絶滅はペルム紀末に起こった。 10/21 06:24

酸フッ化物を用いた光電極の想像図(写真:東工大の発表資料より)

東京工業大学は17日、電気エネルギーを印加することなく、太陽光の照射だけで水が分解される新たな光電極材料を開発したと発表した。 10/19 13:55

サリドマイド催奇形性のモデル図(画像: 東京医科歯科大学の発表資料より)

薬は病気を治療するものだが、同時に副作用を持つという側面がある。 10/10 18:04

研究で検討した火星上のズニルクレーター形成衝突事件からの時系列と物理過程(フォボスにおける検討例)。(画像:JAXAの発表資料より)

火星にはフォボスとダイモスという二つの衛星があり、この二つの星には、微生物が存在する可能性があるとされている。 09/08 18:31

 1 2 3 4  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 開会式用公式服装姿を披露するアスリートたち
  • 画像はイメージです。
  • リサイクルペットボトルによる720mlペットボトル商品。(写真:サントリーグループ発表資料より)
  • ネイティブキャンプ英会話のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)
  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告