1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > パーキンソン病(1)

パーキンソン病のニュース一覧

日立が商品化したiPS細胞大量自動培養装置「iACE2」。(写真:日立製作所の発表資料より)

日立製作所(東京都千代田区)は11日、再生医療に使われるiPS細胞を大量に自動培養できる装置を日本で初めて製品化し、第1号機を大日本住友製薬(大阪市中央区)の再生・細胞医薬製造プラントに納入したと発表した。 03/13 16:19

富士フイルム和光純薬は、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病などの神経疾患の治療薬開発に使える、創薬支援用iPS細胞由来分化細胞「アイセルミクログリア(iCell Microglia)」を1月下旬より発売する。 01/09 08:47

富士経済が再医療関連の市場調査結果を公表。三次元培養等の再生医療研究の技術が加速

2006年に新しい多能性幹細胞であるISP細胞が京都大学のグループによって作り出された際は再生医療の飛躍的進歩に大きな期待が寄せられた。 11/01 08:38

宇宙の微小重力環境での研究や開発を行うアメリカのスペース・タンゴ社がパーキンソン病(PD)患者と一次性進行型多発性硬化症(PPMS)患者の細胞を国際宇宙ステーション(ISS)へ送ることがわかった。 10/29 11:49

大塚ホールディングス(以下、大塚HD)の傘下企業には、「大塚製薬」「大鵬薬品」「大塚メディカルデバイス」「大塚食品」がある。 07/25 15:58

6月4日からサンノゼで開催されたAppleの世界開発者会議 (WWDC)において、新しいAPIが発表された。 06/09 18:14

パーキンソン病の治療薬「NUPLAZID(ヌプラジド)」に対し、大きな副作用があるのではないかとの指摘が出ているという(CNN、Slashdot)。 04/13 12:12

遅々として進まないアルツハイマー病の研究

アメリカに本拠地を置く大手製薬会社ファイザーは、莫大な研究費を投資したにもかかわらず結果が出なかったとして、アルツハイマー病の治療薬開発を断念すると発表した。 01/11 21:26

移植後のサルのMRI画像(矢印が細胞移植部分を示す)(写真: 京都大学 iPS細胞研究所の発表資料より)

京都大学の高橋淳教授らの研究グループが31日、ヒトiPS細胞由来の細胞により、パーキンソン病になった猿の症状が軽減されたと発表。 09/01 07:17

田辺三菱製薬が2019年に上市が見込まれるパーキンソン病治療薬「ND0612」を中心に研究開発を行うイスラエルの製薬企業ニューロダーム社を約1,200億円で買収すると発表

三菱ケミカルHD傘下の田辺三菱製薬がイスラエルの製薬企業ニューロダーム社を約1,200億円で買収を行うと発表した。 08/01 09:13

抗生物質の1つであるドキシサイクリンが、パーキンソン病の治療に役立つ可能性があるとの論文が発表された(Scientific Reports掲載論文、Science Daily、The Science of Parkinson's disease)。 05/17 11:13

テスラやスペースXのイーロン・マスク氏は生物的インテリジェンスとデジタルインテリジェンスの、より密な融合を目指して新たな事業の設立に乗り出した。具体的には脳とコンピュータをつなぐ速度を画期的に高める。

テスラやスペースXのイーロン・マスク氏は生物的インテリジェンスとデジタルインテリジェンスの、より密な融合を目指して新たな事業の設立に乗り出した。 04/11 21:19

広島県の病院が、使用期限が迫った薬を処分するため、患者らに本来は不要の薬を投与したり、薬を過剰に投与していたことが明らかになったという(読売新聞)。 03/21 20:53

血液脳関門は、脳に特異的な血管内皮細胞(脳血管内皮細胞)が、周皮細胞・ニューロン・アストロサイトに囲まれた構造をしており、脳血管内皮細胞どうしが密着結合することで、分子が中枢神経系に拡散するのを制限するバリア機能を果たしている。 03/03 09:33

 1 2  次へ進む

広告

広告